屋根リフォーム

Roofing work

カバー工法

古い屋根を剥がさずに、今の屋根をすっぽり覆う工法

カバー工法とは、既存の屋根を剥がさずに、その上から新たに高耐久の金属屋根を、重ね貼りをする工法です。

古い屋根材には、人体に有害なアスベストが含まれているものもあり、解体作業も容易ではありません。

その分コストはかかりますが、「カバー工法」は解体費用・工期の大幅な削減が実現できます。

カバー工法のメリット

Advantages

  • 既存の屋根にかぶせるので、解体工事がほとんどなく、大幅に人件費を削減できます。
  • 廃棄物処理費がかからず、全体的な工事コストを抑えられます。
  • 屋根が2重になるので、断熱効果が高くなります。
  • お住まいのままで施工ができるので、日常生活をお邪魔しません!
  • 通常の塗り替えや葺き替え工事に比べ、短い工期で施工可能です。
  • 古いカラーベストは、アスベスト等を含んでいる場合がありますが、カバー工法は解体しないので、アスベストを撒き散らすこともなく安心してリフォームできます。

カバー工法 工事のながれ

Description of work

【1】現況の調査と測量

屋根勾配が
急であるかどうか

足場架設の
要不要を判断

屋根を支える木下地が
腐っていないかどうか

下地野地板の
要不要を判断

材料荷揚げの際に
障害物があるかどうか

リフト・レッカー等の
設置が可能かどうかを判断

家屋周辺の環境調査

屋根に上って調査・実測

【2】既存軒先切断

軒先先端はスレートを重ねて取付けている為、そのまま新設の屋根をカバーすると軒先が高くなり、水はけが悪くなるので切断する場合があります。

【3】ルーフィング(防湿材)敷き込み

既存の屋根全面に防湿材を張ります。勾配によらず、片面粘着のゴムシートなら、防水は完璧です。
この写真実例の場合は、海浜地域で風が強い為、タッカー(ホチキスのようなもの)で留めると、めくりあげられて穴が開いてしまいます。その為、小さくカットした金属片と釘を使い、内部には防水テープを入れて固定しました。

【4】役物(屋根材を家屋に固定する為の下地)取付

弊社では、ほとんど全ての役物は、現場寸法を採寸した上、自社で加工をした物を使用します。

【5】屋根材本体の取付

実測・隅出しの上、本体を釘で留め付けます。この現場では、塩害を考慮し、全てステンレス製の釘を使用しました。

【6】問題箇所の補修等

この現場では、木部の腐食も進んでいた為、防腐剤を塗布した後、コーキングを充填。その後金属板でカバーしました。 同様に、野地板(屋根面の板材)や、その下の垂木等の傷みが激しい場合は、状況に応じて交換・補強をします。

【7】雪止め取付

関東平野部では、かつて雪止め金具の取付はぜいたくとされてきましたが、近年では必要不可欠なものとなりました。

【8】破風(幕板)のカバー

現場で採寸し、加工した金属の破風を取付けます。
特に西側は、壁よりも先に破風が傷みますが、陽射しはもちろん、雨や風にも丈夫な、ほぼメンテナンスフリーの破風に!

【9】下り棟下地の取付

通常は、木製や樹脂製の下地を使用する下り棟ですが、この現場では塩害を考慮して金属板を加工した物を取付けました。

【10】完成

清掃・確認後、完成となります。
通常の塗り替えや葺き替え工事に比べ、短い工期で施工可能です。

ワンポイントアドバイス

Advice on one point

保険をきちんと活用して、かしこく住まいをメンテナンスしましょう!

火災保険というと火災による損害を補償するものというイメージを持つ方が多いかもしれません。 ところが火災保険の適用範囲は意外に広く、風災、水災、雪災といった自然災害も対象となります。
したがって、台風や突風により屋根が損傷してしまったという場合にも火災保険を使って修理することが可能なのです。 屋根は自覚症状がなくとも、築15年以上の建物であれば、ほとんどが台風、落雷、雪災などで何らかのダメージを受けていると言われます。 屋根の修理を行った場合、その多くは火災保険の申請ができる範囲と考えてよいでしょう。

保険適用対象の住宅には条件がありますので、屋根リフォームをお考えの方は、ぜひ弊社に一度ご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください!

Feel free to contact us !

お客様に最適な屋根リフォームをご提案をさせていただきます!

葺き替え

すでに葺かれている屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替える工事方法です

塗り替え

今のお屋根が、塗装で美しく生まれ変わります!

住宅工事のお悩み・ご相談は、どんなことでもお気軽に弊社までお問合せ下さい!

ページトップスクロール

〒277-0033 千葉県柏市増尾4-20-1

TEL 04-7172-1324