施工事例

Works

重たい屋根から軽い屋根に

EXAMPLE 02

屋根の葺き替えは、耐震効果を高めます!

施工説明

Explanation

屋根の重みがどれくらいか、ご存知ですか?

例えば、土を入れた和瓦は、一坪あたり約250kgもの重量になり、20坪の屋根の場合は5tもの重さになります。

また、厚みのある洋瓦は、一坪あたり約145kg 。

薄いスレート屋根でも、屋根材だけで一坪あたり約70kgになるのです。

もちろん、新築時に、屋根材を何にするかを計算に入れ、基礎や柱の太さ・本数等の構造計算をしていますので、どんなに重たい屋根が乗っていても平気なはずです。

施工前の状態

しかし、地震国日本の木造家屋は、経年劣化により、次第に構造自体が弱くなりがちです。
そこで、地震に強い金属屋根はいかがでしょうか?
阪神淡路大震災の際も、屋根を金属に、外壁をサイディングでカバーしたお宅は倒壊がほとんどなかったことで、以降関西では金属屋根が増えたそうです。
こちらのS邸は、分厚い洋瓦でしたので、割れてこそいませんが、厚みのある分苔が根を下ろし、また北側は苔も生えてきていました。
屋根の端部をカバーしているケラバ瓦の下地も、水が回って腐食してしまい、瓦自体の重みで、下地ごとが剥落している状態でした。


重量のある洋瓦

分厚い瓦に苔やカビがビッシリ

施工後

「もう重たい屋根は嫌だ」

そのお言葉で、軽く、しかも断熱効果抜群のアイジー工業社製「スーパーガルテクト」をお勧めしました。

なにしろ「スーパーガルテクト」の重量は、一坪あたり16.5kg!(※但し野地板、防湿材を入れると約42kg)

しかも、屋根裏の温度は10度以上涼しくなりました!

既存の瓦を撤去し、断熱材が入った金属屋根で施工

凹凸がなく、台風にも強い屋根材です!

施工完了後
外壁塗装もしていないのにスッキリ美しく!

※写真クリックでBeforeを表示します

人間も、頭が重たいと、肩は凝り、首や腰まで痛んでくるように、建物も屋根を軽くすると地震にも強く、 柱や壁に与える負担も軽減できます。 また、錆がひどくなっていた、バルコニーも交換させて頂きました。

使用材料

屋根

アイジー工業社製「スーパーガルテクト」

ベランダ

LIXIL社製 ビューステージ 3.5間

施工金額

250万円(税別)

お気軽にお問い合わせください!

Feel free to contact us !

お住まいの状態や経過年数、お客様のライフプラン、ご予算、コストパフォーマンスをふまえ、お客様に最適な屋根リフォームをご提案をさせていただきます!

住宅工事のお悩み・ご相談は、どんなことでもお気軽に弊社までお問合せ下さい!

ページトップスクロール

〒277-0033 千葉県柏市増尾4-20-1

TEL 04-7172-1324